降伏過程を考慮したRC2層ラーメン高架橋の合理的耐震設計法の提案 PROPOSAL OF SEISMIC DESIGN METHOD OF RC 2-STORY VIADUCT CONSIDERING THE YIELD PROCESS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究ではまず, 柱や中層ばりの剛性をパラメータにとり, RC2層ラーメン高架橋の耐震性に影響を及ぼす部材の降伏過程を時刻歴地震応答解析により検討した. 次に, RC2層ラーメン高架橋の静的非線形解析から得られる水平力-天端位置変位の関係にエネルギー一定則を適用し, 近似される非線形最大応答変位と動的解析から得られる最大応答変位との整合性を検討した. そして, 部材の降伏過程を考慮した静的非線形解析に基づく簡便で実用的なRC2層ラーメン高架橋の耐震設計法を提案した.

Firstly, non-linear dynamic analysis was carried out to consider the effect of the yield process of each member on seismic performance of RC 2-story viaduct. Then the method to estimate non-linear response based on static analysis and equal energy rule was examined. Comparing the results of static analysis and dynamic analysis, it was demonstrated that this method was accurate. Finally, the rational seismic design method of RC 2-story viaduct considering the yield process was proposed.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 634, 269-278, 1999-11-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004445422
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4929023
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ