戻りコンとスラッジを利用した路盤材の開発 STUDY ON THE DEVELOPMENT OF BASE COURSE MATERIAL BY REUSING RETURNED CONCRETE AND SLUDGE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

生コン工場の多くは, 戻りコンやスラッジの処理に苦慮している. 本研究では, 戻りコンを積載したままのアジテータ車のドラム内に, 天日乾燥スラッジを投入して攪拌し, 排出して硬化させた後, 破砕して路盤材に利用する方法を考案し, その実用性を検討した. はじめに, 実験室において, 一連の工程を具現化し, 戻りコンとスラッジの混合割合, 戻りコンの種類およびスラッジの含水率などによる路盤材の支持力特性などの相違を調べ, 条件を適切に選定すれば, 優れた性能の路盤材を製造できるとの見通しを得た. 続いて, 生コンプラントで製造した路盤材を用いて試験路盤を築造し, 支持力などを求めたところ, 実用に耐え得ると判断された. 工程が単純で, 経済的な本方法は, 既に実用化の段階に入っている.

More and more ready mixed concrete plants are puzzled by the disposal of returned concrete and concrete sludge. In present study, a recycling method of such waste is proposed as below. Sludge is thrown into the drum of a truck agitator in which returned concrete still remains, and then mixed by the rotation of drum. After mixing, the mixture is discharged. Hardened mixture is crashed and used as base course material of road. All of this procedure was imitated and the properties of the mixture were investigated in laboratory. The influence of sludge content, type of returned concrete and the water content of sludge etc. on the modified CBR of mixture was examined. The site test was also performed. All test results showed that this mixture is a good quality base material of road. Now this kind of material has been used as base course material in practical engineering.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 634, 279-291, 1999-11-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004445439
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4929029
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ