モルタルからのCa溶出およびそれに伴う変質の長期予測に関する基礎的研究 FUNDAMENTAL STUDY ON ESTIMATION OF Ca LEACHING FROM MORTAR AND THE DETERIORATION OF MORTAR

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は, モルタルからのCa溶出およびそれに伴う変質の長期予測を行うことである. はじめに, (1) モルタルからのCa溶出の長期予測手法を構築した. ここでは, Caを電気化学的促進試験と拡散試験を組み合わせることにより溶出させ, Ca溶出速度を基に実時間換算し, Ca溶出の長期予測を行った. 次に, (2) Ca溶出に伴うモルタルの変質の長期予測手法を構築した. ここでは, Caを電気化学的促進試験により溶出させ, モルタルの変質を実験的に評価した. この促進変質結果と (1) の実時間換算結果を照合し, Ca溶出に伴う変質の長期予測を行った. 最後に, (3) Ca溶出に伴う変質の予測結果を, 30年間供用された実構造物の調査結果を用い比較した. その結果, 30年から40年後までの, Ca溶出およびそれに伴う変質が予測された.

In this study, methods for estimating the long-term Ca leaching from mortar and the accompanying deterioration of mortar through Ca leaching were proposed. First, using a combination of electro-chemical accelerated test and diffusion test, a method to estimate the long-term leaching of Ca was established. Second, the deterioration of mortar upon leaching of Ca was experimentally investigated. From this, a method for estimating the long-tern deterioration of mortar was established. And lastly, the deterioration of mortar due to Ca leaching was compared to testing a 30-year old real structure. It was shown that the Ca leaching from mortar and the deterioration of mortar could be estimated up to the age of 30-40 years.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 634, 293-302, 1999-11-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004445444
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4929032
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ