航空機の応答に基づく空港舗装の平坦性評価 AIRCRAFT RESPONSE BASED AIRPORT PAVEMENT ROUGHNESS EVALUATION

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

空港舗装の平坦性について論じた. まず, 空港舗装の表面性状に関する航空機パイロットの主観的評価について研究し, 平坦性が乗心地に及ぼす影響が最も大きい項目の一つであることを明らかにした. 次に, 滑走路と誘導路上を走行するときの舗装縦断形状に対する航空機の応答に関する数値シミュレーションをプログラムTAXIを用いて実施した. その結果として, 航空機の応答が振幅, 波長といった舗装の表面性状だけではなく, 航空機走行速度によって変化することを示し, 最後に, 空港滑走路と誘導路の平坦性に関する規準を提案した.

Airport pavement roughness is studied including both the subjective evaluation and digital simulation. Pilots' subjective evaluation on surface characteristics is clarified by questionnaires, which indicates that the roughness is one of the most highly influential factors on riding quality and safety. The response of aircraft motion to the longitudinal profiles of airport pavements when departing on runways and taxiing on taxiways was simulated using the program TAXI. The results indicate that the aircraft response varies not only with the surface characteristics (i. e., the amplitudes and wavelengths of the profile), but also with aircraft speed. Finally, roughness criteria for runways and taxiways are proposed.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 634, 403-411, 1999-11-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004445581
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4929100
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ