行動モードを考慮した魚の環境選好性に関する実験的研究 EXPERIMENTAL STUDY ON THE ENVIRONMENTAL PREFERENCE OF FISH BASED ON THE BEHAVIORAL MODE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

実河川にて採捕したオイカワを用いて, 夏冬それぞれ24時間連続実験を行った. その結果, 魚の行動モードが存在することが確認され, 夏においては昼夜それぞれ摂餌モード, 休息モード, 冬においては昼夜とも主に休息モードで過ごすことが明らかになった. この結果に基づき, 流速, 水深, 遮蔽の各環境因子について行動モード毎に選好曲線を作成した. 流速に対する選好曲線は摂餌モード, 休息モード時それぞれ平均値19.01cm/s, 標準偏差12.54及び平均値0cm/s, 標準偏差7.55の正規分布関数で近似した. 水深については, 摂餌に適した水深は約15cmの浅水深であるのに対し, 休息モード時には水深が深いほど選好性が強い. 遮蔽因子については, 摂餌モード時には開水面が選好されるのに対し, 休息モード時には遮蔽を好む傾向が見られた.

The 24-hour continuous experiments are carried out in winter and summer respectively for the Zacco Platypus from the real river. The existence of the fish behavioral mode is confirmed, i. e., the fish lives with the mode of feeding and resting respectively for the daytime and nighttime in summer, while primarily with the resting mode for the day and night in winter. Based upon the results, the preference curves of water speed, depth and shield are plotted for each mode. The curves of speed are regressed with the normal distribution function. The favorable water depth for feeding is in the shallows of about 15cm deep, while for resting the more deep the water is, the preference shows more significant. As for the shield factor, the open water surface is preferred in the feeding mode, while the tendency of the preference to shield is found in the resting mode.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 636, 35-45, 1999-11-22 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  38件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004445671
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4929201
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ