ロータリサウンディングの回転切削音による土質判別法の適用性 STUDY OF SOIL ASSESSMENT METHOD BASED ON SOUNDS GENERATED BY ROTARY SOUNDING

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論は地盤調査技術の高度化を目的に, ボーリングマシンによる回転貫入時の切削音による地盤の土質判別を目指し, 室内実験およびフィールド実験を実施した結果にニューラルネットワークを適用して, 本手法の有用性を論じたものである.

This report considers the practicality of a soil assessment technique based on sounds generated during rotary sounding by applying the technology used in a shield tunneling. Laboratory experiment, model ground experiment and numerical analysis have been executed. The results of them have revealed that it is possible to quantitatively assess the difference in the sounds recorded for different soil types to estimate their grain size distribution.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 638, 1-10, 1999-12-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004445837
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4960601
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ