EPS地中防振壁の交通振動低減効果に関する研究 ON THE EFFECTIVENESS OF EPS UNDERGROUND WALL IN REDUCING TRAFFIC - INDUCED VIBRATIONS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, EPS (発泡スチロール) 地中防振壁の交通振動低減効果に関する有効性を検討したものである. まず, EPS単体の模型振動実験からその動特性 (弾性定数, 減衰定数) を調べ, 更に, 1次元砂地盤中にEPSブロックを埋め込んだ模型実験から, この振動低減効果を考察した.<br>次に, 深さ8mのEPS地中壁を施工し, 試験車両を用いた走行実験から本工法の効果を検討した. また, 地盤を伝播する波動の種類について考察を加えた. 更に, 地中壁施工中の空溝 (3段切梁) の状態でも同様の走行試験を実施し, 空溝とEPS壁の効果の違いについて言及した. 最後に, 2次元FEMを用いたこれらのシミュレーション解析を実施し, 実験と解析の比較について考察した.

With the expansion of the elevated road network in urban areas, there has been a strong demand for reduction of traffic-induced vibrations. However, an effective vibration reduction technique is not yet established. This study investigates the effectiveness of EPS (expanded polystyrol) underground wall in reducing traffic-induced vibrations. Firstly, a series of model vibration test is performed to obtain the dynamic characteristics of EPS. Secondly, we constructed an EPS underground wall, and conducted field vibration tests using a test car. Finally FEM simulation analyses were carried out and the comparison between the test results and analytical ones were made.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 638, 91-106, 1999-12-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004445972
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4960665
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ