二次元モデルによる静的破砕工法の破砕設計 STUDY OF FRACTURING DESIGN FOR STATIC ROCK FRACTURING METHOD USING 2 - DIMENSIONAL BOUNDARY ELEMENT METHOD

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

市街地近郊, あるいは重要構造物近傍において硬岩を掘削する事例が増加しており, 発破が制限される場合が多い. このため, 各種の岩盤の静的破砕工法が開発されてきており, 筆者らもゴムチューブを主体とした静的破砕工法の開発に取り組んできた. しかし, 静的破砕工法の一般的な問題として, 破砕設計法が確立されていないことがある. 本報では, 筆者らが開発した破砕工法に基づき, 発生するき裂進展について注目し, 割岩孔間隔, 割岩孔と自由面の距離 (最小抵抗線) をパラメータとした破砕設計法の開発について述べる. 手法としては, 二次元境界要素法を用いてき裂先端の応力拡大係数を解析し, 線形破壊力学に基づいて岩盤の破砕に必要な力と最小抵抗線・割岩孔間隔を求めることより破砕設計法を構築している.

Recently, several static rock fracturing (non-blasting) methods have been developed because of the increase of rock excavations near residential area. However, these methods lack methodology for fracturing design; how to design line of least resistance and spacing of fracturing holes according to the capacity of the fracturing system.<br>In this paper, stress intensity factor (K<sub>I</sub>) of a fracture produced by our Aqua-sputter was calculated using a two-dimensional boudary element method.<br>The results showed that the most appropriate layout of boreholes can be determined from the minimum stress intensity factor of the fracture if fracture toughness of rock mass is known.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 638, 107-115, 1999-12-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004445990
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4960670
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ