液状化した地盤の則方流動を受ける杭式横浅橋の地震時挙動 CENTRIFUGE MODEL TESTS ON DYNAMIC BEHAVIOR OF PILED PIER SUBJECTED TO LIQUEFACTION - INDUCED LATERAL FLOW DURING EARTHQUAKE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

従来地震に対して無被害であった杭式桟橋が兵庫県南部地震では被害を受けた. 調査から液状化による地盤の側方流動により, 桟橋の被害が拡大したと推定されている. 本研究では, このような側方流動を受ける杭式桟橋の挙動を実験的に調べるため, 実際に兵庫県南部地震の際に被災した直杭式の桟橋とその周辺地盤を対象とした, 遠心模型振動実験を行った. 杭は比較的強固な支持層に根入れされていたが, 捨石とこの支持層の間にある薄い砂層の液状化が地盤の側方流動を助長し, 被害を拡大したと推定されている. そこで本研究では, 実験により実際の被災現場と類似の地盤断面での桟橋の被害発生過程について検討し, 更に桟橋の位置する地盤条件や桟橋と背後の護岸をつなぐ渡板等の影響についても調べた.

There had been very few records on damages of steel pile type piers in previous earthquakes. However, several piers located in front of gravity caissons were damaged during the 1995 Hyogoken-Nambu Earthquake. Damage of piles at the site suggested that the lateral flow of the ground might accelerate the failure of the pier. In this study, centrifuge tests were firstly carried out to simulate dynamic behavior and failure of a steel pile type pier damaged in 1995 Hyogoken-Nambu Earthquake. And also some tests with different ground conditions were conducted to discuss the effects of liquefaction of the sand layer under the rubble mound on the lateral flow of the ground and the effect of the approaching plate connecting gravity caisson to ther pier on the dynamic interaction between the two structures.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 638, 131-142, 1999-12-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  27件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004446012
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4960685
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ