傾斜基盤層上の斜面の地震応答解析 SEISMIC ANALYSIS OF FILL SLOPE ON INCLINED BASEMENT ROCK

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文では, 地震時における傾斜基盤層上の斜面の不安定化要因を明らかにするため, 兵庫県南部地震で被災した傾斜基盤層上の盛土地盤とそれに隣接する被災しなかった盛土地盤について反射法地震探査による地盤調査と地震応答解析を行った. その結果, 以下の結論を得た. 傾斜基盤層上の斜面の地震時の不安定化要因には加速度の増幅によるものと基盤層境界付近のせん断ひずみの集中によるものがある. 前者は石積み擁壁などの小規模な崩壊誘因となり, 後者は基盤層境界付近をすべり面とする大規模崩壊の誘因となる. また, 基盤層境界付近のせん断ひずみの集中は表土層厚と密接な関係にある. さらに, 被災斜面について各種対策工を想定した地震応答解析を実施し, 地震時の効果的な対策工法について考察した.

In this paper, a seismic prospecting and a seismic response analysis are performed for a damaged fill slope and a non-damaged fill slope on inclined basement rock due to the Hyogo-ken Nambu earthquake, and the instability mechanism of the slope during the earthquake is discussed. The main cause of instability of the fill slope is the amplification of acceleration and the concentration of shear strain in the part between the basement rock and overburden. The former causes small failures such as damage to stone masonry, and the latter causes large failures on the inclined basement rock. Also, the concentration of shear strain is closely related to the thickness of the overburden.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 638, 143-154, 1999-12-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004446040
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4960692
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ