液状化領域の空間分布推定法の提案とほぼ水平な地盤における流動予測への適用 ESTIMATION OF SPATIAL LIQUEFACTION POTENTIAL AND ITS APPLICATION TO EVALUATION OF LIQUEFIED GROUND FLOW AT PLANE GROUND

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, 地盤統計手法であるクリギング法を用いた液状化領域の空間分布推定法を提案し, 同手法を利用した液状化地盤の流動予測の可能性について検討するものである. 対象とした地盤流動は, 地表面勾配や護岸移動を主な変位促進要因としない, 地表面勾配が約1%以下のほぼ水平な地盤で発生した地表の水平変位であり, 1995年兵庫県南部地震における液状化被害事例をケーススタディとして検討を行った. その結果, 限られた地盤データを基に液状化領域の空間分布を推定できる本手法の有用性を示すとともに, 液状化層の厚さや非液状化層との層境界面の傾斜など, 地盤内の液状化の程度とその空間的な分布状況が, ほぼ水平な地盤における流動の量や方向に影響を与えていることを明らかにした.

This paper deals with a method for estimation of a spatial liquefaction potential and evaluation of liquefied ground flow. This method is based on a geostatistical procedure which is called as Kriging technique using variogram. It was applied to the liquefied sites after the 1995 Hyogoken-Nambu earthquake. Horizontal ground displacements at the plane reclaimed ground that were not due to the influence of the inclination of ground surface and movement of quay wall were especially investigated here. As a result of estimation of spatial liquefaction potential, it was clarified that the magnitude and direction of liquefied ground flow were influenced by the condition of spatial spread of liquefied area such as thickness of liquefied layer and inclination of boundary between high liquefiable potential layer and others.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 638, 155-166, 1999-12-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004446065
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4960700
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ