併設横長矩形シールドトンネルの作用土圧に関する遠心載荷実験 CENTRIFUGE MODEL TEST FOR EVALUATION OF EARTH PRESSURE ACTING ON ADJACENT SHIELD TUNNELS WITH RECTANGULARR SECTION

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, 砂地盤に水平に近接して順次施工される横長形状の矩形シールドトンネルの施工にともなう地盤のゆるみの影響を遠心載荷実験により検討したものである. 最大3本のトンネル模型を土槽に近接して設置し, 遠心加速度場でトンネルカバを引抜く手法でテールボイドを発生させて地盤にゆるみを与えた. 3本の併設トンネルにおいて, 土被り, 施工順序を変化させた実験を実施し, セグメント鋼殻に作用する土圧を計測した結果、土被りが浅い場合に一つのトンネル頂部に作用する平均土圧が全土被り土圧を上回る場合があることがわかった.

The objective of this paper is to evaluate the mutual influence of constructing adjacent boxy tunnels in the sandy soil using centrifuge model test. In the case three boxy tunnels are constructed very closely and the center tunnel of these tunnels is first constructed, it is appeared that the average earth pressure acting on the top of the boxy segment is larger than overburden pressure at the same depth if this depth is twice of the width of the boxy segment. But if the depth is 4.8 times larger than the length of the boxy segment, the average pressure is less than overburden pressure.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 638, 167-178, 1999-12-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004446083
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4960712
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ