練り返し飽和粘土の小ひずみ域における変形係数の定式化 QUANTIFYING DEFORMATION MODULUS OF RECONSTITUTED CLAYS AT SMALL STRAINS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

小ひずみ域において粘性土が弾性的な挙動を示す領域での変形係数を擬似弾性変形係数と定義し, 圧密履歴, 排水クリープ, 載荷モード等の変形係数に及ぼすいくつかの要因について室内再構成粘土を用いて検討した. 実験結果から得られた等方圧密・膨張時のe~lnp'関係を用いて, これら諸要因の影響を考慮した擬似弾性変形係数の定式化を試み, これによって実験結果をよく説明し得ることを示した.

It is well known that geomaterials exhibit quasi-elastic stress-strain behaviour at small strains. The stiffness in this small strain region is herewith termed as pseudo-elastic modulus. A laboratory investigation was performed into the pseudo-elastic modulus of reconstituted clays by considering some influencing factors such as consolidation history, drained creep, loading condition (i. e. strain rate, monotonic and cyclic loadings). On the basis of results of a series of undrained triaxial test performed, the variation of the pseudo-elastic modulus with each influencing factor was successfully expressed in a quantitative fashion by examining the e-logp' relationship of the clays when subjected to both consolidation and swelling.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 638, 179-191, 1999-12-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004446098
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4960724
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ