土中ガスの調査・評価方法の開発 DEVELOPMENT OF METHOD AND EVALUATION FOR UNDERGROUND GAS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

地盤より工事中に発生する土中ガスは, 多くの場合, 単独ガスではなく混合ガスとして発生するにも関わらずその採取・評価方法は確立されていない. 本研究は, 土中ガスの採取にBATシステム (スウェーデンのB. A. Torstensson が開発したシステム) が有効であることを提案し, 採取された非反応性土中ガスは相平衡および実測値より, その状態変化を各構成ガスに分けて簡易に定量評価できることを明らかにした. さらに, この状態変化は各ガス毎にモル分率が一定な条件の元の温度―圧力関係の平面上で表現できることも見出し, 地下工事に伴って発生する土中ガスを地盤の飽和・不飽和に関係なく従来より精度良く予測することが可能になった.

The method of sampling and analysis for underground gas is not yet establiished, in spite of that the gases encountered at underground work are not in single-component but multi-components in many cases. In this study, we propose 1) BAT System developed by B. A. Torstenssen, Sweden, is effeffecttive for underground gas sampling and 2) quick quantitative evaluation of all components in respective phases can be achieved through monitoring on the basis of phase equilibrium theory of non-reactive underground gas sampled. Furthermore, we found each component in respective phase can be represented in temperature-pressure relation assuming mole fraction of gas component is same. Consequently, concentration of underground gas became able to be predicted precisely regardless if the ground is saturated or not.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 638, 193-205, 1999-12-21 

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  11件

被引用文献:  1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004446118
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4960731
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ