岩盤分類の定量的指標としての「応答音圧パルス勾配法」 "RESPONES SOUND PRESSURE PULSE INCLINATION METHOD"AS A QUANTITATIVE INDEX FOR ROCK MASS CLASSIFICATION

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, 岩盤分類の要素の一つである「ハンマー打診による判定」の定量的評価を目的とした基礎的研究である. ハンマーの打診で岩石や岩盤を任意の段階に区分することは現場的で簡易な方法であるため全ての調査段階で行われ, 例えばハンマーによって打診すれば,「澄んだ音を出す」または「濁った音を出す」といった定性的な表現で評価される. このため判定に個人差があり定量的でない. そこで, 人工的に製作した模擬岩石を対象に, 材質と物性, 形状・寸法, 境界条件, 打診位置および打診面の形状等が異なる種々の供試体の打診音を分析し, これらの諸条件に依存した打診音の特徴を調べた. その結果, 岩石や岩盤等といった材料の力学的性質や物性値を評価する指標になり得るものが音圧の立ち上がりに現れることを見出した.

One of the indices for rock mass classification deals with "judgment method by the hammer tapping". It has been based on qualitative evaluation rather than the quantitative one. In the course of our study, it was observed that the quantitative evaluation of the properties of rock is established by analyzing the vibration of the tapping sound wave obtained from measurements by a microphone. From the analysis results of the fundamental experiments (using the artificial rock), we propose an approach, "response sound pressure pulse inclination", as one of the quantitative evaluation indices for rock classification.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 638, 335-351, 1999-12-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  35件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004446323
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4960846
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ