鋼管ソイルセメント杭の原位置載荷試験とその支持力特性 IN - SITU LOADING TESTS OF HYBRID PILE AND PRORERTY OF THEIR BEARING CAPACITY

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

鋼管ソイルセメント杭は, セメントミルクを地盤中に注入攪拌することにより造成したソイルセメント柱に, 芯材として外面リブ付き鋼管およびリブの無い鋼管を使用した合成杭であり, 低騒音・低振動・低排土で施工できる杭工法である. 本工法を飛島高架橋西 (下部工) 建設工事において採用するにあたり, 設計法の改善およびコスト縮減を目的として, 2本の杭について現場載荷試験 (水平載荷試験後にさらに鉛直載荷試験を実施した杭と, 鉛直載荷試験のみを実施した杭) を実施した. 本論文では, 最初に, 水平載荷試験, 次に, 鉛直載荷試験について述べ, 支持力特性を検証した結果について述べる. さらに, これらの試験で得られた知見を設計法に反映した結果について述べる.

Hybrid steel pipe pile with soil cement is a new type of pile construction method with lesser vibration, noise, or earth removal. The soil cement column with a larger diameter than the steel pipe pile, is formed in-situ by mixing soil and injected cement milk. Static loading tests were conducted for two piles (vertical test after lateral test for one, vertical test only for another vertical) to establish new design method and to reduce cost at Dai-ni Meishin Tobisima viaduct. This paper presents the property of bearing capacity of these piles and some useful information for the establishment of a new design method.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 637, 115-124, 1999-12-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004446590
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4960526
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ