セメント添加した石炭灰の岸壁裏込め材への利用 UTILIZATION OF FLY - ASH CEMENT MIXTURE FOR BACKFILLS OF QUAY

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

発電事業などの副産物である石炭灰は, いまだに大量が産業廃棄物として処分されている. 石炭灰は, セメントを添加して固化し, 必要な強度をもたせることにより, 軽量で高強度な地盤材料として利用できる可能性がある. そこで, 石炭灰を固化処理した地盤から岸壁に作用する土圧の算定手法を提示し, 土圧軽減効果を評価した. また, 室内および現地で試験を行い, 配合設計と施工条件を検討した上で. 酒田港の大型岸壁建設工事で, 約5万m<sup>3</sup>の石炭灰を裏込め工事に使用した. この結果, 少量のセメント添加で (<i>c</i>/<i>w</i>=5%). 砕石に相当する土圧低減効果を発揮する裏込め (地盤強度; <i>qu</i>≧2.0kgf/cm<sup>2</sup>≒0.196N/mm<sup></sup>) が施工できること, また, 建設コスト縮減の面でも効果があることが確認された.

Soil improvement technique is developed for backfills of quay with using the fly-ash cement mixture as the recycled materials with light weight and high strength. Through both of the laboratory and the field experiments, content of cement is determined for the necessary soil strength of backfills. Basic properties of fly-ash cement mixture are also shown in this paper. According to these experimental results, the design procedure is compiled for the calculation of the soil pressure acting on the quay structures from the fly-ash cement mixture backfills. This proposed soil improvement techniques was applied for the backfills of the quay on the Sakata port. Fifty two thousand cubic meter of fly-ash was successfully utilized with addition of five percent of cement.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 637, 137-148, 1999-12-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004446612
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4960536
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ