アスファルトコンクリート発生材を用いた道路路床の構築法に関する実験的研究 EXPERIMENTAL STUDY ON EFFECT OF IMPROVEMENT OF SUBGRADE SOIL BY USING RECLAIMED ASPHALT MIXTURE WITH STABILIZER

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では建設副産物の有効利用の一環として, また, 補修周期の延伸化の一策として, 再生混合所に搬入したアスファルトコンクリート発生材の一次選別時に生じるグリズリフィーダ通過材を活用した路床構築の可能性について検討した. 模擬路床の構築試験に先立ち, 室内で粒径を揃えた材料を安定材とともに試料土に加えて<i>CBR</i>や一軸圧縮強さの推移を調べたところ, 混入量を多くするほど安定処理効果は大きくなることが確かめられた. さらに, 構築試験および事後試験からは, 粒度組成にかかわらず舗装の施工基盤として具備すべき締固め度や支持力は十分に確保されること, 改良路床土の固化の進行には路床温度が関与すること, 耐水性を通常の安定処理土と比較してもとくに遜色のないことが示された.

In order to investigate the effect of reclaimed asphalt mixture content on the mechanical properties of stabilized soils, California bearing ratio (CBR) tests and unconfined compression tests were performed under various compositions. In addition, plate loading tests were carried out to observe the hardening condition of stabilized subgrade soils containing reclaimed asphalt mixture.<br>As a result, it was found that the unconfined compressive strength and CBR value increased with an increase in reclaimed asphalt mixture content and that the hardening rate of stabilized soil tended to change in accordance with a variation of subgrade temperature. Therefore, selecting the execution season seems to perform an important role in forecasting the effect of improvement.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 637, 165-175, 1999-12-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004446649
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4960549
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ