建設業における品質・環境統合マネジメントシステム構築の試み THE TRIAL OF THE INTEGRATED MANAGEMENT SYSTEM OF ISO14001/ISO9001 IN GENERAL CONSTRUCTOR

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

現在ISOでは, ISO9000シリーズとISO14000シリーズとの将来的な統合・一本化を目指した両システムの両立性についての具体的な検討がなされている. また, 両規格は原則として共通のマネジメントシステムを共有しているとされており, 日本のISO審査機関においても統合あるいは複合審査を行う動きが出てきつつある.<br>このような背景に基づき, 著者等は建設業で初めて品質・環境統合マネジメントシステムを構築し, 既に取得済みのISO9001との統合審査によって, ISO14001の認証を取得したのでその内容について報告する.

Up to now, ISO is investigating the compatibility of ISO14001/ISO9001. In this International Standard, ISO14000 Series shares common management system principles with the ISO9000 series of quality system Standards, and organization may elect to use an existing manegement system consistent with ISO9000 series as a basis for its enviroment manegement system.<br>Under these trends, we became the trist Japanese general constructor that achieved ISO14001 accteditation by using a fusion of the existing quality management system and the enviroment system.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 637, 177-182, 1999-12-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004446674
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4960561
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ