アンボンドキャッピングについて Unbonded Capping System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

圧縮強度試験用供試体のキャッピング方法として, アンボンドキャッピングが規格化され, 次第にこの方法が普及しつつある。本稿は, この方法を活用してキャッピング作業を省力化しつつ適正な試験結果を得るために必要となる情報を提供しようとするものである。すなわち, アンボンドキャッピングに用いる機器の諸元の持つ意味, アンボンドキャッピングの適用範囲.導入による効果, 試験操作や機器の保管上の留意事項等に関する情報を提供する。

As a method of capping specimens for the compression strength test of concrete, the unbonded capping has been standardized and now is spreading for the test. The authors intend here to provide information necessary for obtaining more concrete compression test results while saving the labor for the capping work by taking advantage of this unbonded capping, that is, to offer useful data on dimensional designing of the devices used for the unbonded capping, and the scope of applications, significance of the introduction, testing procedures, and cautions for safekeeping of the unbonded capping system.

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal  

    コンクリート工学 = Concrete journal 38(2), 10-17, 2000-02-01 

    公益社団法人 日本コンクリート工学会

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004446905
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    4977383
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ