ECLトンネルに用いる鋼繊維補強コンクリート Steel Fiber Reinforced Concrete for Extruded Concrete Lining

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

鋼繊維補強コンクリート (SFRC) を用いたECL工法によるトンネル一次覆工の実績は, 我が国では1件のみであり, セグメント工法に比較して実験データ等が少ないのが現状である。そこで超大断面トンネルにおけるSFRC覆工体の耐力確認などを目的として, 実大寸法の厚さを有する試験体を用いて軸圧縮曲げ載荷実験を行った。その結果, SFRCの覆工体は粘りのある変形性状を示すとともに, 鉄筋コンクリートのようなひび割れの分散性を示すことが確認できた。また, 覆工耐力はすべて設計値を上回り, 提案されている設計施工マニュアルに基づけば, 安全側の設計ができることが明らかになった。

The tunnel built by the ECL method, which applied SFRC, is only one in our country. Therefore, various data concerning the ECL method is less than that of the shield tunneling-method which uses segments. Then, to confirm strength of SFRC lining of the superlarge tunnel, bending experiments under axial loads were done with specimens which had the thickness of a real large size. As results, it was confirmed that SFRC lining had tough ductility, and had dispersion of cracks like reinforced concrete. Moreover, strengths of all SFRC lining were more than design resistance. It was clarified that the design by the proposed design and construction manual was safe enough.

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal  

    コンクリート工学 = Concrete journal 38(4), 16-21, 2000-04-01 

    公益社団法人 日本コンクリート工学会

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004447109
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    5334726
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ