高性能繊維補強セメント材料の設計技術の現状 Material Design Technology for High Performance Fiber Reinforced Cementitious Composite

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

破壊力学やマイクロメカニクス (微少な材料構成要素に基づく力学) が短繊維補強セメント材料 (FRCC) 研究へ導入されたことにより, 材料構成要素の性質を表すパラメータに基づき複合材料を設計する材料設計技術が急速に進歩し, 高性能材料の開発に大きく貢献している。ここでは, 引張ひずみが数パーセントに達する高い変形能力を有するFRCCであるEngineered Cementitious Composite (ECC) を中心として, その開発に用いられた材料設計技術について概説する。また, 材料設計技術を用いて, ECCによる高性能構造部材を実現するための試みについても紹介する。

Fracture mechanics and micromechanics have been introduced to investigate fiber reinforced cementitious composite (FRCC) and contributed to develop high performance FRCCs. This introduction has enhanced rapid development of material design technology for FRCCs, which is based on micromechanical parameters of constitutive materials. This article overviews the material design technology, which was originally established for achieving extremely ductile FRCC with tensile strain capacity over several percent, named as engineered cementitious composite (ECC). Furthermore, research activities to achieve high performance structural element with ECC are described.

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal  

    コンクリート工学 = Concrete journal 38(6), 9-16, 2000-06-01 

    公益社団法人 日本コンクリート工学会

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  7件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004447271
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    5358248
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ