ゼロエミッション化とコンクリート材料 Present Condition of Concrete Materials for Zero Emission

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1994年にゼロエミッションの概念が提唱されて以来, さまざまな産業分野で排出ゼロへ向けての努力が行われた。コンクリート材料分野でも他産業廃棄物を受け入れながら, 同様の努力がなされている。この報告では, コンクリート材料分野におけるゼロエミッション化の特徴とコンクリート材料各々についてその現状を紹介する。

Since the proposal of the concept of zero emission in 1994, many efforts have been made to attain it in various fields of industries. The industries related to concrete materials have done like the other industries, receiving waste or by-product from them. This report introduces the characteristics of concrete materials and the present condition of each materials for zero emission.

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal  

    コンクリート工学 = Concrete journal 37(12), 3-9, 1999-12-01 

    公益社団法人 日本コンクリート工学会

参考文献:  39件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004447418
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    4935500
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ