最終処分の埋立土壌のための環境分析試料の作成と応用 Preparation and Application of Environmental Reference Material for Landfill Soil

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

埋立地土壌に関する標準物質は, 世界的にも種類が限られ, 特に含有量が保証されているものは入手困難な状況にある。そこで, 3ヵ所の管理型最終処分場の埋立土壌等を混合して, 環境分析試料No.1を作製した。また, 引き続き, 環境分析試料No.2も作製した。この2試料について高周波誘導結合プラズマ発光分析 (ICP/AES) 法, 蛍光X線分析 (XRF) 法, 中性子放射化分析 (INAA) 法, 荷電粒子誘起X線分析 (PIXE) 法による分析値を基に, 参考値および参照値を決定した。決定した元素種は, 環境分析試料No.1 (参照値: Ca, Fe, Si, Ti, Ba, Cu, Mn, Sr, V, 参考値: Al, K, Mg, Na, Cr, Sc, Zn) , 環境分析試料No.2 (参照値: Al, Ca, Fe, Mg, Na, Ba, Mn, Rb, Sr, Zn, 参考値: K, si, As, cu, sc, v) である。この作製した試料の化学組成と管理型最終処分場 (2ヵ所) および安定型最終処分場 (2ヵ所) から採取した底泥の化学組成との比較を例示した。

Reference materials No. 1 and No. 2 of waste landfill soil were produced by mixing, sieving and homogenization processes with covering soil for a layer of waste substances in a landfill. The reference and semi-reference values of 16 elements (Al, Ba, Ca, Cr, Cu, Fe, K, Mg, Mn, Na, Sc, Si, Sr, Ti, V and Zn) in the bulk content were statistically determined based on analytical data by ICP/AES, XRF, PIXE and INAA. As these kinds of standard reference materials of soil/sediment in the landfill site are very rare, they should be useful materials for evaluation and monitoring of pollution in the landfill site. Monitoring data of sediment and leachate in several landfill sites were compared with elemental values of the reference material.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 11(1), 80-86, 2000-01-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004453306
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    5278749
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ