焦電型検出器の衛星搭載機器への応用 Application of pyroelectric detector for space-borne sensors

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

高感度,高信頼性の焦電型赤外検出器を開発した.これらの検出器は,衛星に搭載する地球センサーおよびオゾン観測センサーに組み込まれ,宇密環境下にて正常に動作している.特に1996年8月に打ち上げられた地球観測プラットフォーム技術衛星 (ADEOS: みどり)に搭載されている改良型大気周縁赤外分光計 (ILAS) において,大気中を透過した太陽光の赤外分光データから,オゾン濃度の高度分布を測定することに成功した.

収録刊行物

  • 應用物理  

    應用物理 66(5), 481-485, 1997-05-10 

    The Japan Society of Applied Physics

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004470914
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00026679
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03698009
  • NDL 記事登録ID
    4203682
  • NDL 雑誌分類
    ZM17(科学技術--科学技術一般--力学・応用力学)
  • NDL 請求記号
    Z15-243
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ