地震によるプラント計装系の損害とその対策 Damage on the Instrumentation Systems of the Plants in Earthquakes and Countermeasures

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p><tt><b>地震時にプラント計装系が受ける損害は,地震動によって生じる直接の機械的外力によるものと,他の設備の故障等にともなう外的要因によるものがある.計装系を構成する計測器,制御器等は耐震設計と,地震動をシミュレートした耐震性検証試験がなされ,さらに外乱に対する保護措置がとられる.計測系の故障が,その誤動作,あるいは制御の暴走による大きな損害を起こさぬよう,破壊的な地震動を検知して制御コマンドを発行して制御系の緩停止などを行う、SI値(スペクトル強度)検知による制 </b></tt><tt><b>御が有効と考える. </b></tt></p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 38(3), 185-192, 1999-06-15

    安全工学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004471728
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    4766500
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ