グロ-バルスタンダードと日本型安全対応 Global Standard and Safety Countermeasure in Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p><tt><b>わが国においても,グローバルスタンダードの導入が急がれているが,安全におけるグローバルスタンダードの考え方とこれまでのわが国における安全対策や経営の考え方自体にいくつかの相違があり,</b></tt><tt><b>安全の哲学の再考が求められている. </b></tt></p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 38(4), 224-227, 1999-08-15

    安全工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004471763
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    4822991
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ