神戸市東部地域で測定した熱汚染の調査結果と考察 Evaluation of Local Thermal Polution Measured with the Automobile-Thermometer, in the Eastern Kobe Area

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p><tt><b>2人工島を含む神戸市東部地域での熱汚染の実態を解明するために,温暖期の5月11日(第1回調査)と6月5日(第2回),寒冷期の9月22日(第3回)と2月3日(第4回)に気温・湿度等を調査 した.5月期調査は最高気温近くの時間帯で,残り3時期はいずれも深夜であった.結果,四っの特徴 が認められた. ①4調査のいずれも市街地域で温暖化がみられた, ②温暖期での市街地域の最高気温地点は阪急六甲駅等の六甲山麓部に近いのに対して寒冷期では国道43号線等の幹線道路沿道等の沿岸部で温暖化が目立った. ③ポートアイランドおよび六甲アイランドの各中心部分での寒冷期の調査では気温の上昇がみら れ,熱汚染によるヒートアイランドが測定された. ④気温と同時測定した粉じん濃度は温暖期日中では,気温とほぼ反比例したのに対して,深夜での調査結果では,正比例であった.後者は幹線道路や工場からの排気ガスと排熱に関係していること </b></tt><tt><b>を示した. </b></tt></p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 38(4), 235-241, 1999-08-15

    安全工学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004471778
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    4823012
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ