機械安全の原理とヒューマンファクター Principles of Machine Safety and Human Factors

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p><tt><b>本来,安全の判断は,被害を受ける立場のもつ権利であるが,現実には,機械の製造者(あるいは第三者)が判断する.それは,機械を労働者に手渡す前に判断するという安全の本質による,やむを得ない現実である.国際規格ISO/CD12100では公平な判断が「危険の公平分担の原理」で与えられる.安全管理に関するグローバルスタンダード(ISO16000)においても,同じ原理が適用されており,機械</b></tt><tt><b>安全と労働安全を統一する新しい安全の体系がまとまりつつある. </b></tt></p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 38(6), 365-372, 1999-12-15

    安全工学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004471942
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    4936317
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ