自然災害リスクの軽減を目的とした意思決定分析のモデル化 Modeling Decision Analysis for Mitigating Natural Disaster Risks

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

In this paper, we show that a value function under risk is useful to model low probability and high consequence damage events like an earthquake for which expected utility theory is inadequate. Firstly, we assume alternatives to improve buildings, some scenarios of earthquakes, costs to improve buildings, probability of death and injury and cost of restoring building's damage for each scenario. Then, we show that the value function under risk is an appropriate approach to model and analyze decision making process with low probability and high consequence events.

収録刊行物

  • システム制御情報学会論文誌  

    システム制御情報学会論文誌 13(6), 268-275, 2000-06-15 

    一般社団法人 システム制御情報学会

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004473131
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1013280X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13425668
  • NDL 記事登録ID
    5370153
  • NDL 雑誌分類
    ZM11(科学技術--科学技術一般--制御工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-195
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ