位相を考慮したロバスト安定化の拡張-相対次数が不確かなシステムに対する拡張 Expansion of Robust Stabilization Using Phase Information:Expansion for the System Having Uncertain Relative Degree

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

The purpose of this paper is to expand the result a of robust stability condition using phase information by Yamada. That is, recent paper can not deal with the set of the system that the number of relative degree of the nominal plant is not equal to that of the real plant. We define a class of uncertainty to include the system that the number of relative degree of the nominal plant is not equal to that of the real plant. A necessary and sufficient robust stability condition for the system with a certain class of uncertainty is presented.

収録刊行物

  • システム制御情報学会論文誌  

    システム制御情報学会論文誌 12(9), 522-530, 1999-09-15 

    一般社団法人 システム制御情報学会

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004473460
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1013280X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13425668
  • NDL 記事登録ID
    4870959
  • NDL 雑誌分類
    ZM11(科学技術--科学技術一般--制御工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-195
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ