発震機構解析処理の高度化に向けて 〜P波・S波初動極性を用いた解析処理プログラムの開発〜 For Improvement of Focal Mechanism Analysis 〜Development of the Computer Program for Focal Mechanism Analysis Using P and S Wave Initial Motion Polarity〜

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan  

    日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan 1999(2), P075, 1999-11-09 

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004476757
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512877
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ