地震発生帯高分解能イメージング -1999年南海トラフ深部構造探査(反射法地震探査)- A Challenge to High Resolution Deep Seismic Imaging in Seismogenic Zone - 1999 Nankai Trough Seismic Survey (MCS Reflection Survey) -

この論文をさがす

著者

    • 朴 進午 PARK Jin-Oh
    • 海洋科学技術センター 海底下深部構造フロンティア Frontier Research Program for Subduction Dynamics, JAMSTEC
    • 鶴 哲郎 TSURU Tetsuro
    • 海洋科学技術センター 海底下深部構造フロンティア Frontier Research Program for Subduction Dynamics, JAMSTEC
    • 小平 秀一 KODAIRA Shuichi
    • 海洋科学技術センター 海底下深部構造フロンティア Frontier Research Program for Subduction Dynamics, JAMSTEC
    • 仲西 理子 NAKANISHI Ayako
    • 海洋科学技術センター 海底下深部構造フロンティア Frontier Research Program for Subduction Dynamics, JAMSTEC
    • 三浦 誠一 MIURA Seiichi
    • 海洋科学技術センター 海底下深部構造フロンティア Frontier Research Program for Subduction Dynamics, JAMSTEC
    • 金田 義行 KANEDA Yoshiyuki
    • 海洋科学技術センター 海底下深部構造フロンティア Frontier Research Program for Subduction Dynamics, JAMSTEC
    • 河野 芳輝 KONO Yoshiteru
    • 海洋科学技術センター 海底下深部構造フロンティア Frontier Research Program for Subduction Dynamics, JAMSTEC

収録刊行物

  • 日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan  

    日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan 1999(2), P102, 1999-11-09 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004476790
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512877
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ