テンスの事実性に関するプライアの主張をめぐって Prior's Argument on Whether Tense Is Fact or Not

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

時間に関する哲学的議論の一つの大きな焦点は, 果たして時間に関する「事実」がテンスを含んでいるのか, 含んでいないのかという問題にある。(これはマクタガートが時間の非実在性を証明する上で用いたA系列の時間とB系列の時間の区分<SUP>注1</SUP>において, いずれが時間にとってより本質的であるか, と問うことに相当する。) この問題についてA.N.プライアはかつて, 以下に述べるような, テンス論を擁護するある有名な主張を述べた。その後, この主張をめぐってテンス論者, 非テンス論者の間で賛否の議論が展開されたが, これまでの議論を見る限りでは, テンス論者の提示した擁護論にはどれも非テンス論者の議論を退けるほど強力なものはなく, 非テンス論者の議論によってほぼプライアの示した問題には決着がつけられたような感がある。この非テンス論の核になる議論は, D.H.メラーが後にM.マクベスの批判を受けて修正を加えた議論である。本稿では, いかにも決定的解答を与えたかのように見えるこのメラーの議論の中で見落とされていると思われる点を明らかにし, この議論によっては非テンス論者は, いまだプライアの問題への十分な解答を与えることができないことを示し出したいと思う。

収録刊行物

  • 科学基礎論研究  

    科学基礎論研究 27(1), 25-30, 1999-12-25 

    JAPAN ASSOCIATION FOR PHILOSOPHY OF SCIENCE

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004481179
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00036945
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00227668
  • NDL 記事登録ID
    5370845
  • NDL 雑誌分類
    ZM4(科学技術--科学技術一般--自然科学)
  • NDL 請求記号
    Z14-80
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ