砂モデル実験による海岸及び島しょ地下水の定常挙動 Steady-state behavior of coastal and insular groundwaters:sand tank experiment

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は実験水槽を用いて被圧帯水層における塩水侵入と不圧帯水層における淡水レンズの定常挙動を再現し,それらと淡塩水境界面モデルおよび分散モデルでの数値解析結果との比較検討を行ったものである。得た結果を要約すれば次のようである。<BR>被圧帯水層の塩水侵入については,淡塩水境界面モデルにおける境界要素法は実験結果と良い一致を示し,有効な解析手法であることが示された。また, Dupuit近似を採用した解析は,水位勾配が大きいときには誤差は大きいが,塩水が内陸部まで侵入する場合には適用可能であり,解析解が求められるという容易さを考えると,これもまた有用な手法であることが示された。さらに,分散モデルの解析では,速度依存分散係数を用い,海との接点での境界条件としてCauchy型を採用した場合が,より実験結果の再現性が良いことも判明した。<BR>淡水レンズについては,淡塩水境界面モデルでDupuit近似を採用した場合,解析結果は実験結果より少し上方に位置するものの比較的良い一致を示し,分散モデルの解析では,遷移領域の幅などが比較的良く再現できた。

The steady-state behavior of coastal and insular groundwaters was investigated using a sand tank.<BR>In the case of seawater intrusion into confined coastal aquifers, the fresh-water/salt-water inter-faces simulated by the boundary element method (BEM) exhibited a good agreement with those by experiment. Dupuit's assumptions are appropriate to apply in case of lower hydraulic gradients. In the hydrodynamic dispersion model, the isoplethic patterns of salt concentration in a case of velocity-dependent dispersion coefficient agree better with those by experiment than in a case of the constant dispersion coefficient, and Cauchy's boundary condition is rather realistic.<BR>In a case of freshwater lenses, the fresh-water/salt-water interfaces reproduced by the analytical solution exist slightly above the experimental visual interfaces, and the hydrodynamic dispersion model simulated the transition regions comparatively well.

収録刊行物

  • 陸水學雜誌  

    陸水學雜誌 61(1), 1-10, 2000-02-25 

    The Japanese Society of Limnology

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004482613
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0024866X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00215104
  • NDL 記事登録ID
    5341384
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山)
  • NDL 請求記号
    Z15-149
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ