特殊アクリル繊維による付着藻類定量法 A Simple Acrylate Fiber Sampler for Stream Periphyton

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

河川などの石礫付着藻類の現存量の指標として頻繁に使われているクロロフィル色素の定量的採取法として,ミクロクロス(アクリル特殊繊維)を用いた方法を開発した。従来の歯ブラシによる方形枠の剥ぎとり法と本法とを比較した結果,実用的には同一の測定値が得られることが確認された。この方法は,現場における採取の手間が少ないうえに,色素定量に先立つ濾過あるいは沈澱操作が不要で,著しく効率のよい方法であった。大量の標本を処理する必要のある藻類の微細分布調査などには,とくに適していると思われる。

A simple method of measuring the amount of chlorophyll a in epilithic algae was newly developed. To scour the algae, we used a special acrylate fiber (Micro-cloth; Koyo Co. Ltd., Tokyo : by Shaleria of Asahi Chemical Co.) and a rubber plate with a hole 25 mm in diameter. The accuracy of the new method was tested in comparison with the traditional method of scrap-ing a rectangular area of 50 by 50 mm with a toothbrush, resulting in similar measured values between these two methods (R<SUP>2</SUP>=0.986 ; y=1.029x ; x : measured values by the toothbrush method, y : those by Micro-cloth method). This new simple method is appropriate for determining the micro-distribution of epilithic algae.

収録刊行物

  • 陸水學雜誌  

    陸水學雜誌 60(4), 619-624, 1999-12-01 

    The Japanese Society of Limnology

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004483858
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0024866X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215104
  • NDL 記事登録ID
    5315364
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山)
  • NDL 請求記号
    Z15-149
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ