一体型プローブを用いたアレイ方式による表面音響インテンシティの多点同時計測 Multi-Channel Measurements for Surface Intensity Using an Array System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

表面インテンシティ法による計測の効率化にはセンサーの設置および移動における繁雑な作業を排除した計測手段が必要である。本研究では, マイクロホンと加速度ピックアップを一体化することにより, 表面音響インテンシティ計測を簡便化した。さらに, アレイ化によって, 加振位置が時々刻々に移動する構造物から放射される音のインテンシティが変化する様子を可視化した。また, 計測誤差の要因には, マイクロホンと振動面との距離により生じる位相差の他に, マイクロホンと加速度ピックアップの位相特性の差が考えられる。そこで, 近接音場でのマイクロホンの位相校正方法を提案し, 計測結果に対する位相特性の補正方法と, その必要性を示した。

In the surface intensity measurements, a microphone and an accelerometer are used to measure surface acoustical pressure and normal velocity of vibrating structure. Therefore, an efficient technique for setting two different sensors on vibrating structure is required to measure the surface intensity at multiple points. In this study, we developed a sensor-probe whose microphone was mounted on an accelerometer in order to simplify setting the sensors on vibrating structure. In the experiment, the intensity was simultaneously measured at multiple points of a vibrating structure using a sensor-probe array. The result showed that a newly developed technique can estimate the intensity radiated from a steel sheet where an exciting point had been traveling. The measurement error is also caused by instrumental phase mismatch. We calibrated the phase characteristics of the microphone in sound fields near vibrating surfaces. The correction coefficients were determined by comparing the phase characteristics of the microphone and the vibrating surface of a piezo-electric shaker. The intensity measurements were carried out with and without phase correction of the instrumentation. The result showed that the effect of the phase correction was necessary in the higher frequency range above 2kHz.

収録刊行物

  • 騒音制御  

    騒音制御 24(2), 136-143, 2000-04-01 

    The Institute of Noise Control Engineering of Japan

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004537751
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00361298
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03868761
  • NDL 記事登録ID
    5332807
  • NDL 雑誌分類
    ZM17(科学技術--科学技術一般--力学・応用力学) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-720
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ