病院の音環境-ケーススタディ Sound environment in a hospital-A case study

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

病院の外科病棟で, 入院中の患者にアンケート調査を行うとともに, 個室, 4人部屋, 回復室, および詰所で騒音レベルの測定も実施した。その結果, どの部屋においても, <i>L</i><sub>Aeq,16h</sub> (昼間) も <i>L</i><sub>Aeq,8h</sub> (夜間) もともに環境基準の屋内指針値を上回っていることがわかった。もっともうるさい音として, 個室では, エアコンの音, 4人部屋では, 咳・くしゃみ・いびきが, それぞれ指摘された。これらの結果に基づいて, 病棟の音環境を改善する対策を提案した。

A questionnaire survey was conducted to the patients in a surgical ward in a hospital. Sound pressure levels were also measured in a single room, a room for four patients, a recovery room and a nurse station. It was found that the values of <i>L</i><sub>Aeq, 16h</sub> (daytime) and <i>L</i><sub>Aeq, 8h</sub> (nighttime) in all the four rooms measured exceeded the guideline recommended by Environmental Quality Standard in Japan. Air conditioner noise in single rooms and sound of cough/sneeze/snore in rooms for four patients were the sounds which patients perceived as being most annoying. Countermeasures for improving the sound environment were proposed.

収録刊行物

  • 騒音制御  

    騒音制御 24(4), 258-267, 2000-08-01 

    The Institute of Noise Control Engineering of Japan

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004537886
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00361298
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03868761
  • NDL 記事登録ID
    5485180
  • NDL 雑誌分類
    ZM17(科学技術--科学技術一般--力学・応用力学) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-720
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ