樹木葉擦れ音の物理特性 Physical Characteristics of Wind-induced Foliage Sounds of Planting Tress

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

道路交通騒音の不快感緩和対策として, 本稿では樹木葉擦れ音のマスキング効果に着目し, 高木類6種が発生する葉擦れ音の周波数やレベル分析, 距離減衰に伴うレベル変化などの物理測定を実施した。その結果, 各樹種とも100Hzから1,000Hzにかけて平坦な成分をもち, 1,000Hz以上で樹種間に差が現れた。レベルの高い音を発生する樹種の特性は受風感度の高い形状をもつものであり, 高域の周波数成分を多く含む樹種の特性は葉縁部の硬度が高いことが示された。また, 距離減衰に伴って高域の周波数成分が減少することも確認された。3樹種については風速値と<i>L</i><sub>Aeq,10min</sub>の間に相関がみられた。最後に葉擦れ音を活かした沿道植栽計画の必要性を論じた。

The purpose of this paper is to analyse physical characteristics of wind-induced foliage sounds for the reduction of annoyance of road traffic noise. Frequency characteristics and sound pressure level of wind-induced foliage sounds from six kinds of tree were measured. It was found that, (1) the sounds from the six trees have stable components from 100Hz to 1, 000Hz; (2) the level of high frequency components decreases according to the distance; (3) the correlation between wind velocity (10min) and <i>L</i><sub>Aeq, 10min</sub> of wind-induced foliage sounds is high. It was suggested the roadside planting can possibly be used for the planning of sound environment by making use of wind-induced foliage sounds.

収録刊行物

  • 騒音制御  

    騒音制御 24(4), 268-276, 2000-08-01 

    The Institute of Noise Control Engineering of Japan

参考文献:  26件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004537901
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00361298
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03868761
  • NDL 記事登録ID
    5485193
  • NDL 雑誌分類
    ZM17(科学技術--科学技術一般--力学・応用力学) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-720
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ