管状フィラメントが束化した新しいアクチンロッドの構成分子の凍結切片免疫電顕法を用いた分析 Cryo-Immuno EM of Molecular Components of Novel Actin Rods Composed of Tubular Filaments

この論文をさがす

著者

    • 鮫島 正純 SAMESHIMA M.
    • 東京都臨床研・細胞生物・電子顕微鏡センター EM Center, Cell Biology, The Tokyo Metropolitan Inst.Med.Sci.
    • 岸 義朗 KISHI Y.
    • 東京都臨床研・細胞生物・電子顕微鏡センター EM Center, Cell Biology, The Tokyo Metropolitan Inst.Med.Sci.

収録刊行物

  • 電子顕微鏡  

    電子顕微鏡 34, 43, 1999-05-01 

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004538740
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00145000
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    04170326
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ