中枢神経組織での凍結超薄切・免疫電顕法の諸問題と解決策 Suggestions to overcome some methodological problems in ultracryotomy-immunogold labeling of CNS tissue.

この論文をさがす

著者

    • 石田 欣二 ISHIDA K.
    • 岩手医大・共同研究部門・電顕室 Center for Electron Micros.& Bio-Imaging Res.Iwate Med.Univ.
    • 遠山 稿二郎 TOHYAMA K.
    • 岩手医大・共同研究部門・電顕室, 理研・脳科学総合研・神経構築 Center for Electron Micros.& Bio-Imaging Res.Iwate Med.Univ., Brain Sci.Inst.Riken

収録刊行物

  • 電子顕微鏡  

    電子顕微鏡 34, 268, 1999-05-01 

参考文献:  1件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004539263
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00145000
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    04170326
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ