光顕, 走査型及び透過型電顕による連続観察法で診断した男性乳癌の2例 Correlative observation of Papanicolaou-stained cells by scanning and transmission electron microscopy for two cases of male breast cancer

この論文をさがす

著者

    • 新美 元 NIIMI H.
    • 藤田保健衛生大学総合医科学研究所・病態細胞学研究部門 Division of Pathological Cytology, Institute for Comprehensive Medical Science, Fujita Health University School of Medicine
    • 金子 千之 KANEKO C.
    • 藤田保健衛生大学総合医科学研究所・病態細胞学研究部門 Division of Pathological Cytology, Institute for Comprehensive Medical Science, Fujita Health University School of Medicine
    • 社本 幹博 SHAMOTO M.
    • 藤田保健衛生大学総合医科学研究所・病態細胞学研究部門 Division of Pathological Cytology, Institute for Comprehensive Medical Science, Fujita Health University School of Medicine

収録刊行物

  • 電子顕微鏡  

    電子顕微鏡 34, 274, 1999-05-01 

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004539279
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00145000
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    04170326
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ