可とう性継ぎ手を有する埋設管路の耐震設計式の改善と提案 IMPROVEMENT AND SUGGESTION ON SEISMIC DESIGN METHOD OF BURIED PIPELINE WITH FLEXIBLE JOINTS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文で応答変位法に基づいて, 可とう性継ぎ手を有する埋設管路耐震設計の新しい断面力設計式を提案した. 可とう性継ぎ手の存在による管路断面力低減係数の算定法について, 新設計式は既存の耐震設計法等の設計式に比べて簡単である. また, 共同溝耐震設計要領による断面力低減係数の簡易算定式は, 簡易式の回帰分析のパラメーター範囲では本論文で提案した厳密式とよく一致するが, その範囲を超えると, かなりの差が見られる. 本論文はまた地震時に生じる不等沈下による可とう性継ぎ手を有する埋設管路の断面力設計式および継ぎ手部分に生じる回転とせん断変位の算定方法を誘導し, その試算例を示した.

In this paper the authors proposed new design formulae for estimating stresses in buried pipeline with flexible joints by means of the seismic deformation method. The formulae are simpler than that applied in seismic design guidelines for buried pipeline in Japan. Empirical formulae in Guideline of Common Utility Ducts of Japan for estimating pipeline's stress during earthquake agree well with the proposed complete formulae in limited parameter region, but may give quite different results beyond the parameter region. The authors also suggested a calculation procedure to estimate the stress and deformation in buried pipeline caused by settlement due to an earthquake.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 640, 33-38, 2000-01-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004540834
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4980738
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ