プロセス情報を用いた地震時の断水予測法 A METHOD TO ESTIMATE WATER SUSPENSION CAUSED BY SEISMIC DAMAGE WITH REALTIME PROCESS INFORMATION

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年の相次ぐ災害を契機に, ライフラインの地震被害をリアルタイムに予測するための様々なシステムが開発されている. しかしその多くは, 直後の物理的被害を予測するに留まり, その後入手できる新しい情報を反映して予測を更新したり, 機能的障害を予測するまでには至っていない. 供給継続が強く求められる水道については, そういった機能への必要性が高い.<br>阪神・淡路大震災下では, 流量と水圧というプロセス情報が, 水供給の重要な判断材料の一つとして役立っていたという現実を踏まえ, この情報を積極的に予測方法に取り入れることを試みた. これにより, 水道における機能障害である断水のリアルタイム予測をシミュレートし, その実用性について検討した.

Most of seismic damage estimation systems do not update their result according to the data coming one after another. Neither do they estimate functional damage caused by physical damage. In case of water supply these features are very important because continuous supply is highly required even in a disaster. On the other hand it is reported that process data was one of the most important information for measures and recovery in the Kobe earthquake. This has lead us to propose a method to estimate water suspended area making use of pressure and flow data as well as seismic information. A result of simulation and consideration about practicality are shown.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 640, 61-69, 2000-01-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004540881
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4980763
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ