薄層要素に基づく離散ディスロケーション法による断層近傍地震動のシミュレーション THIN LAYER METHOD SIMULATION OF NEAR SOURCE GROUND MOTIONS DUE TO DISCRETIZED DISLOCATIONS IN LAYERED SOILS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 運動学的断層破壊過程 (ディスロケーション) において, 破壊の進行性と各破壊点での震源関数を導入した断層地震動の発生・伝播シミュレーション手法を開発した. 使用したグリーン関数は薄層要素法による定式化を経て, 空間に関するフーリエ変換, 時間に関するラプラス変換を用いた波数・時間領域の準解析解であり, 破壊の遷移性に関する合積分は解析的に, 進行性には離散化合積分から効率的に対処した. 本手法の特徴は, 地震の発生機構において, ハスケルモデルおよび応力降下 (コストロフ) モデルを容易に適用できることである. 数値解析例において, 断層近傍地盤における地震波のシミュレーション精度の検討を行った.

A new technique, based on the kinematic model for dislocation is developed for simulating ground motions caused by fault ruptures. The concerned motions are solved by the convolution scheme in time for source function and in space along rupture direction with the relevant Green function obtained by the thin layer method along depth. The Laplace transform is used for the former and the Fourier transform for the latter. Focused points in the formulation are the effects of asperity distribution, soil layering and rupture process on the transient response. The validation is made from the existing work for a Haskell rupture model in layered soil and a Kostrov model in uniform halfspace soil.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 640, 89-98, 2000-01-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004540917
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4980786
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ