観測波に基づく地震動の位相スペクトルのモデル化 EMPIRICAL MODELING OF PHASE SPECTRUM OF EARTHQUAKE MOTION

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

構造物の耐震設計を行う上で, 地震動の設定は基本的かつ重要な課題である. 耐震設計用の入力地震動としての時刻歴波形を作成するためには, 振幅特性の他に位相特性を規定する必要がある. そこで, 本研究では, これまでに観測された地震記録に基づいて位相特性をモデル化するものである. ただし, 位相スペクトルを直接モデル化するのではなく, 位相スペクトルを角振動数で微分した群遅延時間をモデル化した. まず, ウェーブレット変換により地震波を各サポート区間ごとに分離し, 各サポート区間ごとに群遅延時間の平均値と分散を算定した. これを各地震記録に対して行い, 平均群遅延時間と分散群遅延時間をマグニチュードMと震央距離△の関数として回帰分析を行い, 設計に用いることができる位相のモデル化を行った.

Modeling phase characteristics of earthquake motion is important to synthesis a design earthquake motion compatible with the given response spectra. We used the concept of group delay time to develop a model of phase spectrum. Applying wavelet deconvolution to an earthquake motion we calculate the average value of group delay time and its standatd deviation in each compact support. Collecting earthquake motions from recent earthquake data sets a regression analysis was performed to obtain an attenuation relation of average group delay time and its standard deviation in each compact support. Assuming the normal distribution characteristic of group delay time we simulated a group delay time and then the phase spectrum by integrating it inside of each compact support.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 640, 119-130, 2000-01-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004540991
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4980823
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ