地震動振幅を用いた基盤地動分布の確率的補間 STOCHASTIC INTERPOLATION OF BEDROCK GROUND MOTIONS ESTIMATED FROM RECORDED AMPLITUDES

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

最近, 基盤面における地震動指標値の空間分布を推定することが試みられている. その多くは確定的補間手法に基づくものであり, かつ地盤増幅度を確定的に取り扱っている. そこで本研究では, 確率地盤において地表面の最大地動と地盤増幅度の不確定性ならびに両者の相互相関性を考慮した上で, 基盤面における最大地動の空間分布を推定するために条件付対数正規確率場の理論式を誘導した. 異なる観測量間の相互相関性, 観測条件などが基盤地動の最適推定値, 推定誤差分散に及ぼす影響を理論的に検討するとともに, 一般解の性質に関して確率的に議論した. さらに距離減衰式と地盤増幅度のモデルを基にして単純な計算を実施した結果, 提案手法の有効性, 推定精度の意味, 事前情報の影響などが明らかになった.

In this paper, we proposed a method for stochastic interpolation of bedrock ground motion amplitudes conditioned by ground motions at the free surface and/or soil amplification ratios actually observed with a priori information about these properties. The optimal estimate and estimated error variance were derived with respect to various conditions for conditional lognormal fields on the basis of conditional probability density functions for the amplification ratio and ground motion amplitude. Numerical examples were provided for various number of the conditioning sample data and various cases of cross correlation between the amplification ratio and recorded amplitude. The estimated properties were found to be successfully interpolated from the stochastic point of view.x

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 640, 131-147, 2000-01-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004541014
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4980844
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ