引張および圧縮の塑性歪み履歴による鋼材の破壊靭性劣化 DETERIORATION OF FRACTURE TOUGHNESS OF STEEL BY EFFECT OF TENSILE AND COMPRESSIVE PRESTRAIN

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 各種鋼材を対象に, 地震時に想定される10%を超える引張あるいは圧縮の塑性歪みを考慮し, CTOD試験により, 塑性歪み導入による破壊靭性の劣化について検討した. その結果, 塑性歪みにより全く脆化しない鋼材の存在が確認される一方で, それ以外の全ての種類の鋼材で, 歪み時効脆化する以前に, 塑性歪みそのものによって著しく脆化することが明らかとなった. その際, 塑性歪みによる脆化の程度は, 鋼材の種類によって大きく異なった. また, 圧縮予歪みの方が引張予歪みよりも鋼材をより脆化させる傾向があることが確認されたことから, その要因について, 材料特性面から検討を加えた.

In this study, the deterioration of fracture toughness by effect of prestrain of 6 types of steel was investigated by CTOD tests. As a result, it came to be clear that before strain aging effect appears, the fracture toughness of most types of steels can be deteriorated by prestrain itself and that how much fracture toughness is deteriorated is differs from steel to steel. Furthermore, the influence of the direction of prestrain was found on all the types of steel but one, and so the causes of the difference between tensile prestrain and compressive prestrain were also discussed.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 640, 165-175, 2000-01-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  25件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004541036
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4980870
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ