横浜市高密度強震計ネットワーク観測点における強震動と常時微動のスペクトル特性の比較 COMPARISON BETWEEN SPECTRAL CHARACTERISTICS EVALUATED FROM STRONG MOTIONS AND MICROTREMORS AT STRONG-MOTION SITES IN YOKOHAMA

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 横浜市の高密度強震観測ネットワーク観測点150地点において観測された強震記録と常時微動記録から求めたスペクトル比の基本卓越周期とピーク値を比較した. 強震記録からは, 軟岩がほぼ露頭している5点の記録を用いた基準スペクトルに対する各地点のスペクトルの比を求めた (強震スペクトル比). 常時微動記録からは, 上下動成分に対する水平動のスペクトル比を求めた (H/Vスペクトル比). 両スペクトル比の基本卓越周期は, 地盤特性がほとんど見られない点を除けば, ほとんどの点で等しし値になることを確認した. 強震スペクトル比のピーク値 (As) とH/Vスペクトル比のピーク値 (Ap) は, ばらつきはあるものの正の相関があることがわかり, この関係を回帰すると<i>As</i>=0.87<i>Ap</i>という式が得られた.

Spectral characteristics of strong motions and microtremors are compared at the dense strong-motion network sites in Yokohama. From strong motions, spectral ratios are evaluated by dividing Fourier amplitude spectra in the horizontal component by reference spectra which are obtained from strong motions on exposed soft rocks (SMSR). From microtremors, horizontal-to-vertical spectral ratios are obtained (HVSR). Good correlation is found between the fundamental periods of SMSRs and HVSRs especially on the condition that less site-amplification sites are excluded. Good correlation is also found between the spectral peak amplitudes of SMSRs and HVSRs (As and Ap, respectively) and the relationship is regressed as <i>As</i>=0.87<i>Ap</i>.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 640, 193-202, 2000-01-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004541077
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4980911
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ