強震動の二重スペクトル比から推定した九州南部におけるQ_S値 Q_S-VALUE IN SOUTHERN KYUSHU EVALUATED FROM DOUBLE SPECTRAL RATIO OF STRONG MOTION RECORDS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

九州南部におけるK-NET観測点での強震記録を解析し, S波の減衰に関する<i>Q</i><sub>S</sub>値について調べた. 2つの地震の際の2つの観測点での記録の二重スペクトル比をとることによって, 震源の影響と観測点での地盤の影響とを取り除いて, 伝播経路の影響だけを孤立させることができる. 本研究で得られた<i>Q</i><sub>S</sub>値は過去の研究で得られている値の1/2~1/3程度である. <i>Q</i><sub>S</sub>値が小さく求まった原因としては, 過去の研究に比べて伝播経路がかなり浅いことと, 霧島火山帯の下を通過する経路であることが考えられる. <i>Q</i><sub>S</sub>値は深さによって, また, 地域によってかなり変化している可能性がある.

<i>Q</i><sub>S</sub>-value is evaluated from strong motion records at K-NET stations in southern Kyushu. Taking ratio among four strong motion spectra at two stations for two events, path effect is isolated from source and site effects. <i>Q</i><sub>S</sub>-value obtained in this study is one half or one third of those of previous studies. The cause of low <i>Q</i><sub>S</sub>-value may be that the wave propagation paths are shallower than those of previous studies and pass beneath the Kirishima volcanic area. The present result suggests that <i>Q</i><sub>S</sub>-value varies with depth and is very different from place to place.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 640, 225-230, 2000-01-21 

    土木学会

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004541130
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4980934
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ